ニキビ化粧品の人気,ランキングとその特徴

プロアクティブ!ニキビ化粧品の人気ランキング!

1番注目されている人気ニキビ化粧品って?

わかりやすくランキング化!

 

 

 

 


第1位 プロアクティブ!

★国内売上No.1

 

 

★初めてでも安心の60日間返金保証!

 

 

≪プロアクティブ30日トライアルセット!≫

 

  ★こんな人にオススメ!★

 

   □ ニキビを本気で治したい……(T_T)                 
   □ 信頼できるニキビケア・ブランドに出会いたい !       
   □ もう、ニキビで悩みたくないp(^^)q   

 

  ★?*?*?*?*?*?*?*?*?*?*?*?*?★

リプロスキン
第2位 リプロスキン

 

ニキビ痕が気になっている人に!!

 

オススメするニキビ痕専用導入型柔軟化粧水です。

 

   ニキビ痕の凸凹・赤らみ・黒ずみ対策に !! 

 

   ≪60日間返金保証≫

 

ゴワゴワになったお肌を 柔らかくして、

 

浸透力を上げてニキビ痕をケアします!!   

 

オルビス
第3位 クリアシリーズ

 

オルビスのコスパの良いニキビケア化粧品は、

 

 

大人ニキビに絶大なる効果!!

 

 

ニキビゼロ薬用化粧水は、

 

若い世代からも支持率が高いです☆

 

 

身体の内側から免疫力を高めて

 

ニキビを根本的から治すといった

 

東洋医学に基づいて開発された美容法です♪

にきびとにきび痕の原因と対策について

 ニキビニキビ跡について

ニキビとはどういう肌のトラブルなのでしょうか。
ニキビは医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)と呼ばれています。

 

尋常性座瘡が出来る条件が揃えば、年齢に関係なく発症しますから実は、
20歳過ぎたら吹き出物というわけではなく、10代でも40代でもにきびは出来るのです。

 

にきびに悩む方は大変多く、それと同じ位ににきび痕を治したいと希望する人も多いのです。
大きく分別すると、にきび痕は2種類になります。
にきび痕が陥没して肌表面がデコボコしている状態が、まず1つ目です。

 

にきび痕はアクネスカーとも呼ばれ、赤ニキビ以降の段階で形成される事がほとんどです。

 

細菌の増殖によって炎症が起きてしまうことによって作られます。
ケロイドやクレーターの様なにきび痕が皮膚に残りやすくなることがあります。
特に膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうことによってひどくなるようです。

 

にきび痕は治りにくいものです。ときには一生残ってしまう事もあるかもしれません。
さらにシミの様に色素沈着している状態が2つ目のにきびの痕の状態です。

 

色素沈着も、にきびの痕に出来るにきびの後遺症といえるものでしょう。
色素沈着とはシミの事です。色素沈着はにきびばかりでなく、炎症を起こし
た部分に出来やすく、これを炎症後色素沈着といいます。

 

シミが残ってしまう事があるので注意しなければなら
ないのは、傷が出来た痕や、化粧品や薬品によってかぶれが生じた後なのです。

 

リプロスキン

 

 ニキビとにニキビ痕の原因と対策

何が原因でにきびが出来るのでしょうか。
皮膚の毛穴に皮脂等が詰まってしまう事が原因でにきびはできます。

 

加えて周囲が赤く腫れたり細菌感染して膿んでくる事もあり、痛みを伴う事も多々あるようです。
にきびの内因性原因としては、ホルモンバランスの変化、睡眠不足や夜更かし、偏食、ストレスがあげられます。
それ以外のにきびの原因には、外因性原因と呼ばれる肌に合わない化粧品の使用、
皮脂や汗等の汚れ、活性酸素などがあります。

 

また、乾燥や薬の使用もにきびが出来る原因といえるものです。
いくつもの原因が重なり合うことによってにきびが出来る場合が多いようで、原因は1つではありません。

 

できる要因となる様々な原因を把握して、きちんと対策を立てないと、
にきびやにきび痕の予防や改善は難しくなってしまいます.。
にきびやにきび痕の対策が自分でできるものがあります。

 

それは正しい洗顔法を身につけるということです。
洗顔の基本はメイクや汚れをぬるめのお湯でしっかり落とし、さらに過剰な皮脂も取り除くことが重要です。

 

後に洗顔料をシャワーを使って綺麗な水でを洗い流すこともポイントです。

 

決してゴシゴシこすったりして強い刺激を加えないで下さい。清潔なタオルを使うようにします。
これ以外の自分で出来るにきびやにきび痕の対策方法としては、
自分に合った化粧品を使用することもあげられます。

 

肌のケアを正しい化粧品で行うことが、綺麗に洗顔した後にまずやるべきことです。
肌に直接ぬる化粧水や乳液等は自分の肌質に合った物を選びましょう。

 

また汗をかきやすい夏と乾燥しやすい冬とでは基礎化粧品もタイプの違うものを選択するなど工夫しましょう。
一般的に化粧品はにきびやにきび痕の形成を促す様な成分を含んでいます。
特ににきびやにきび痕の発症を促し、悪化をもたらす事になりやすいのが、
肌にとっては汚れと同じであるファンデーションです。
いつもしている化粧が原因でにきびやにきび痕が出来ることがありますので、
自分の肌に合った化粧品を選んで使うようにすると良いでしょう。

 

リプロスキン

 

 ニキビニキビ痕治療について

にきびやにきび痕の症状が特にひどい方は、早めににきびの専門クリニックで相談して、
きちんとした、にきび治療の開始をお薦めします。
どんなにきびの治療を、にきびの専門クリニックでは受けることができるのでしょうか。
独自に開発されたにきびやにきび痕用のスキンケア用品である洗顔料や保湿剤等を購入することができます。

 

これだけでも敏感肌の女性にとってはありがたいことです。
またクリニックには高濃度ビタミンCのお薬があり、ビタミンCはシミ・そばかす・くすみを取る美白剤や、
にきびやにきび痕の治療薬として使われるものです。

 

にきびやにきび痕に対して皮脂分泌の抑制による予防効果がビタミンCにはあり、にきびの炎症によって出
来る活性酸素を中和させて、にきびの炎症を抑える効果もあるものです。
科学的な治療法であるケミカルピーリングもにきびやにきび痕には効果的です。
このケミカルピーリングは
フルーツ酸の働きで、角栓の除去やアクネ桿菌の殺菌をすることでにきびやにきび痕を改善していきます。

 

自宅でケミカルピーリング効果を得られる、ピーリング石鹸等も購入出来ます。
メラニンを抑制し、コラーゲンを産生する能力を高める効果があるのが、
フォトフェイシャルと呼ばれるにきびの治療方法で、これは特殊な光を利用するものです。

 

これは陥没や色素沈着等、にきび痕には最適の治療法だといえますし、皮脂の分泌を抑え
る効果もあるのでにきび治療を総合的に行うことができるでしょう。

 

さらにレーザー治療もにきびやにきび痕に有効です。
このにきびの治療法は、炎症の元となる原因菌に働きかけ、殺菌する作用を持つレーザー光線を当て
るというものです。
使用されるレーザー光線は、皮膚の他の組織にダメージを与える事はないので、内服剤の様
ににきびの治療の際に副作用の心配はありません。
このレーザーは細菌の増殖を予防したり、炎症をおさえる効果があるのです。

 

まずはにきびやにきび痕に悩んでないで、クリニックに行ってみてはどうでしょうか。
にきびやにきび痕の治療にはさまざまな治療方法がありますので、
自分の肌の状態に合った治療法がきっと見つかるでしょう。

 


にきびに効く薬と予防について

 嫌なニキビをしっかり薬で予防

にきびにならない為に皮脂を取り除く肌の状態がオイリー肌だった場合、
皮脂を取り除く効果のあるものが比較的効果があると考えられます。

 

石鹸タイプのものや、中にはクリーム状のものもありますが、
石鹸タイプのにきび薬であまり頻繁に洗顔を行うと皮脂を過剰に取りすぎるので
かえって皮脂の分泌を促すことになる場合もあります。

 

また、皮脂を取り除く効果が高いものは乾燥肌・乾燥に強い混合肌のタイプの方にはお勧めできません。
にきびが背中に出来る理由もアクネ菌背中にきびの最大の原因
「アクネ菌」と呼ばれる菌です。
背中にきびに悩んだことのある方は、アクネ菌という言葉を聞いたことがある人も多いのではないかと思います。

 

 

そもそもアクネ菌とは顔などの皮膚の毛穴に潜んでいて、顔ににきびができる原因といわれているものです。
このアクネ桿菌という菌は人の背中の毛穴にも住んでいるのだといいます。
顔の中でも、鼻やその周辺や額、身体の中では、胸や背中に皮脂がでるところが集中しているようです。

 

人のからだに余分な脂肪が詰まったときには、それを毛穴から出そうとするのですが、
もし、そのときに毛穴に汚れなどが付いていたら、毛穴がふさがれて、皮脂が詰まってしまいます。
そうなると、皮膚が化膿してしまい、その状態に陥ると背中にもにきびを作るといいます。

 

汗をかいた後の背中をそのままにしておくと、菌も繁殖しやすく、背中にきびの原因ともなります。
また、下着でも、化学繊維でできているものや、ブラジャーの締め付けすぎでも汗が溜まりやすく、
背中にきびを作る原因にもなるようです。
髪の毛を洗った後に落としきれてないリンスの付着が原因で背中となることもあるようです。
このように皮脂や汚れの付着やアクネ菌が背中にきびをつくる原因となっているようです。

 

背中にきびでの肌のトラブルが起こったら、まずは背中を清潔に保てるように、入浴時に背中をきれいに洗ったり、
きれいな衣服を着るようなことからケアを始めてみましょう。

 

 

 ニキビをアクネローションで予防

メンターム アクネローションは、皮脂分泌を抑制する作用があり、
さっぱりしたノンオイルローションタイプのにきび治療薬です。

 

有効成分のイオウがにきび・吹き出物の原因となるアクネに対して有効に働き、
古くなった角質層を溶解し、剥離してくれます。

 

 にきびをしっかり予防ローランBB

ローランBBは、にきびや肌荒れに効果的に働く、持続型ビタミンB2を配合したビタミン剤です。
さらに、アミノ酸の代謝に深く関与し、ビタミンB2と共に肌トラブルを改善する活性型ビタミンB6、
お肌の粘膜に必要なビタミンB1、ビタミンC、ビオチンも配合しているので
気になるにきびや肌荒れにしっかり効きますのでお勧めです。

 

 にきび予防にチョコラBB

チョコラBBプラスは、吸収性にすぐれた活性型ビタミンB2が主薬の「チョコラBB」のパワーアップ商品です。
3種類あるビタミンB2のうち、吸収性にすぐれ、体の中で利用されやすいタイプの
活性型ビタミンB2(フラビンモノヌクレオチド)を使用しています。

 

また、主成分のビタミンB2と協力して、肌あれやにきび・口内炎などの皮膚トラブルの改善や、
疲れた体のケアに効果的なビタミンB1・B6が多く含まれています。
チョコラBBプラスは飲みやすい小型錠剤になっているのでとても飲みやすいです。

 

 

 

 

 にきび予防アクネ菌を退治

フレッシング アクネ クリームは、病院で使われている有効成分イブプロフェンピコノールを主としたにきび治療薬です。
イブプロフェンピコノールは毛根部まで深く浸透し、アクネ菌によるにきびの前兆コメドの成長を抑えると同時に、
にきびの炎症も抑える働きがあります。
フレッシングアクネクリームは使用後のつっぱり感もなく、お肌に優しい弱酸性のクリームです。
やはり、にきび治療には弱酸性のクリームを使うと良いです。

 

 

 ニキビの出来る原因

にきびには大人ニキビ思春期ニキビなどいろいろありますが、原因も様々です。
よく耳にする「生理前ニキビ」の出来る原因として考えられるのは、
女性の体内ではエストロゲンプロゲステロンという2つの女性ホルモンのバランスが
生理周期によって変化していることが関係しています。

 

プロゲステロンは、妊娠や出産などに関係する大事なホルモンですが、
皮脂の分泌を増加させ、角質を厚くするなどの働きも持っています。

 

このプロゲステロンが多くなりすぎることで、排卵が終わってから
次の生理までの間はニキビができやすくなるのです。

 

こういった原因以外にも、ニキビができる要因はあります。
生活環境において日々のストレス・食品添加物に含まれる有害物質・お酒・喫煙など
の刺激物が要因で解毒作用が弱まることです。

 

 

ストレスや飲酒・喫煙によって解毒作用が弱まった体は抵抗力が落ちて菌に対する抵抗力が低くなり、
黄体ホルモンが壊されにくくなります。
黄体ホルモンを壊す力が衰えることで、皮脂が過剰に増えやすくなるのです。
体内に毒素が溜まるとニキビが出やすくなるので、便秘もニキビの原因になります。
処理しきれない毒素が皮膚表面でニキビという形で出てくるのです。

 

また、間食などで甘いものをたくさん摂りすぎると、菌に対する抵抗力が落ちる原因になります。
また、ニキビが悪化する原因には、紫外線によるアクネ菌があります。
この菌によって肌の保湿成分が衰えて調子が悪くなり、ニキビが出てくるのです。

 

ニキビを解消するには、肌のケアはもちろんですがきちんとストレスを解消し、
規則正しい生活を送ることも重要なポイントです。

 

 

 

 思春期のニキビ

色々な要因があいまって、思春期のニキビが発生します。
皮脂腺が活発になる原因の一つに男性ホルモンがあります。
性別は関係なく、思春期には男性ホルモンが多めに分泌されます。

 

一般的には、思春期にこれらの皮脂腺の働きが活発になることで、
ニキビが増えるといわれています。

 

12歳から17歳頃の思春期はそれまでと体の成長も変わり、
女の子でも男性ホルモンが分泌されやすくなります。
男性ホルモンの分泌が盛んになると、男性ホルモンが毛穴の中の皮脂腺を刺激し、
結果皮脂が過剰に分泌されます。これが思春期ニキビになります。

 

本来、皮脂は潤いを与え皮膚を保護する物質ですが、
分泌されすぎると毛穴の角質層を厚くする原因になります。
ニキビは皮脂によって狭まった毛穴に脂肪が詰まることで発生するもので、白いものは脂肪分です。

 

詰まった毛穴に常在菌のニキビ菌が増殖してしまうと、
炎症・化膿を引き起こして赤ニキビに発展してしまいます。

 

このように思春期のニキビが出来た人は、大人になれば治ると思われる場合が多いです。
事実、思春期のニキビの大半のが、終わり頃になると、男性ホルモンのバランスが正常に戻ります。

 

思春期に分泌され皮脂腺を刺激していた男性ホルモンが少なくなるので、
ニキビの発生する原因も自然と取り除かれていくのです。
ニキビにならないためには、思春期の頃は過度な化粧をせずに皮膚を清潔にしておくひとも大事です。

 

\ 1品から送料無料!価格もお手頃♪ 公式リンクへとびます! /

オルビス

 

 

 ニキビの皮膚科治療

ニキビで悩みを抱えている人は自宅に篭りがちになったり、
コンプレックスとして深刻な問題になることがあります。

 

程度がひどいならば皮膚科で診察を受け専門のお医者さんに見てもらうことで、
状況の改善をはかりましょう。

 

皮膚科ですので、症状によって外用薬と内服が処方されます。
イオウ系のローション・塗り薬・クリームは脱脂作用があり、
外用薬として処方されることがあります。

 

また、皮脂の排泄を促すための薬剤なども出されます。
実際の症状に合わせて適切に処方してもらえます。

 

塗り薬の他に飲み薬もあります。
ニキビに有効な内服薬には、ビタミンB2やビタミンB6などです。

 

個々の症状でお医者様が判断してくれるので、
経過もケアしてもらえますし、安心です。

 

近頃では、先進的な治療を率先して行う美容内科の数も増大しています。
上記の基本的な治療の他に、ピーリング・レチノイン酸・イオン導入などを取り入れて、
ニキビ治療から美肌を目指した治療をする病院も増えてきました。

 

ニキビを治すためにはやや高額なお金をかけても構わない人や、
美肌を目指す人におすすめです。

 

ただし、ニキビを治す方法としては、薬に頼らずに基本的な生活習慣を見直し、
ストレスや食生活の乱れをただし皮膚を清潔に保つ方法見直されつつあります。

 

自分のニキビの原因を知り、それぞれに合った方法を見いだすことが大切です